お役立ち情報③

机上の整理整頓や文房具の収納を楽しみながらやりましょう!

「文房具収納」の作業ポイント

1、軍手をしての作業は材料がすべる時があるので気をつけてください。

2、釣りの重り(ではなく釣りの浮きでした)のゴムが手に入らない場合は、鉄ヤスリで頭を削れば大丈夫ですが、手間がかかります。

3、フックを間違って作りすぎても(横1列全部でない限り)平気です。そのようなときは真っ直ぐに戻しておきます。

4、ワイヤーネットを壁などに固定して使用したい場合は、ヒートンや木ねじで固定します。但し、人が前を通り過ぎるところは念のために避けましょう。

5、セロハンテープカッターの固定には十分な量の両面テープを使います。どうしても動いてしまうときは、ガムテープタイプの強力なものを使えば心配ありません。

6、カッターとの隙間を作るためにわざわざ緩衝材を購入する必要はありません。丈夫で小さなお菓子の箱を利用するとか、かまぼこ板を2枚つけるとか、方法はたくさんあります。余計な費用と時間をかけないことも整頓学の骨子の一つです。

7、ここで一番問題となることは、テープカッターの種類です。ものによっては、取り付けた後にテープの交換がしづらくなることがあります。付ける前に、交換の仕方と両面テープを貼る部分をよく吟味しておきましょう。

●各種お問い合わせをお待ち申し上げます☆