お役立ち情報⑦

「オリジナルシステム手帳」の開発!

整頓学では、人・入れ物・時間の相関関係が重要だと考えています。それらがうまく機能すれば合理化というねらいも達成できるはずです。但し、それには3つの質的向上が必要。
①片付けを後回しにしない。
②出し入れの約束を守る。入れ物とはこの場合、箱や整理棚の形状と機能性です。
③時間は言うまでもなく余計にかけない、時は金なりということ。

以上ですが、次回は「オリジナルシステム手帳」について説明を予定しています。

写真のシステム手帳、中のページは私のオリジナルで11年間に17回大きくデザイン変更をしました)

img_3918

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です