お役立ち情報⑧

オリジナルシステム手帳について

ご提案している「オリジナルシステム手帳」の目的の一番はスケジュール管理ですが、ご提案のものは心身のセルフチェック機能をそこに加えています。

システム手帳を創作し続けて11年、市販品をそのまま使用していたのは最初の1年半だけで、その後自分なりに工夫を加え大きなデザイン変更は16回になります。その間、新しいアイデアでページを更新することそれ自体を楽しんで時期もありましたが、ここ数年は大きな変更もせず落ち着いています。
中身のページはすべて項目毎に保存してあり、その厚さは15cm以上になります。時々、昔を振り返っては悔やんだり微笑んだりしています。

毎年きれいな市販品を手に入れて、それを丁寧に使うという楽しさはもちろん分かります。しかし、手帳も生活ツールの重要な一つだと考えると使い方と目的が変わってくるかもしれません。

 

ご提案している「オリジナルシステム手帳」の特徴

1、A5サイズでエクセルを使用して作成し、ノート機能も持たせている。

2、目標の実現を第一に、そのために心身のセルフチェック項目が10個近くある。

3、仕事や趣味などで予め項目分類しているので、とにかくどこかのページにメモするという習慣が身につきやすい。(もちろん整理整頓のアイデアはすぐメモしています!)

4、フリーなページがあり、そこに気楽に書くことで気分が軽くなり、書く楽しさも味わえる。

5、実際には写真のように各日付を全部は打ち込まず、約4週(左右のカレンダーが同じ)ずつ同じページを印刷する。後で必要な日付を手書き記入することでかえって作成の手間が少なくなる。

6、筆記具はシャーボ2本を使用している。但し、中の芯は4種類になっている。一本にしないのは太いペンが好みではないから。この5~6年どこでもこのペンしか基本的に使用しないので、それを持った瞬間から書くことに集中するという習慣が身についてきた。(予備ペンは常に用意してある)

7、時々ページの入れ替えをしているので、手帳の厚さと重さは1年中ほぼ同じ。

↓こちらもご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です