収納ケースの有機的活用(続編)

収納ケースの有機的活用(続編)

前回の続きです。
中蓋を箱に改造します。

まず周囲のボードを作りますが、角は半分だけカッターを入れて曲げやすくします。
これが今回の一番のポイントと言えます。
そのボードを爪楊枝で釘のように接合します(指で簡単に刺せます)。
楊枝はペンチなどで約3分の1の長さに切ります。ハサミはお勧めできません。
残った楊枝も先をとがらせてまた使います。少しも無駄にしないのが「整頓学」です!

しかし、楊枝はあくまでも仮留めなのでガムテープでしっかり補強します。

これで出来上がりです!
IMG_5428 IMG_5429 IMG_5430 IMG_5433 IMG_5434 IMG_5436 IMG_5437

 

収納ケースの有機的活用

「収納ケース」の有機的活用

 久し振りに気に入った収納ケースを見つけたので、
1個300円もしたのですが、思い切って(!?)5個買いました。カラーボードは3枚入りで100円でした。
IMG_5422

IMG_5423IMG_5427
 ケースは蓋付きで、CDがケースごと丁度入る高さになっています。まず、カラーボードをカッターで切って仕切りを作ります。この様な時、最近の私は等しい区画にしません。その方が便利だったという経験が多いものですから。IMG_5426
最後のは上下に分けました。これも使い勝手が増えて便利です。各コーナーには受けを両面テープで付けます。重い物を入れたい人はベニヤなどで中蓋を作ると良いと思います。IMG_5425
今回は趣味のマジック用品入れです。マジックをやり出してみてすぐに気がつきましたが、整理整頓との共通点が沢山あります。まず道具がすぐに見つからないようではお話になりません。また、演技中に1箇所でも順番を間違えると全部パーになってしまうことがよくあります。パズルに似ているので頭の中の整理も必要です。それ故に整理整頓やマジックが年配の人に勧められるのかもしれません。